Out of the clear blue

私の叔母さん

d0148998_11364837.jpg
夏の宮ヶ瀬。本文とは特に関係ないです。


こんにちは。
今日は久々に共有したい話題があったので。

あ、その前に、お元気ですか。
とりあえずちょっとだけお休みするだけだったはずなのに、
気付いたらすっかりこっちの世界から離れてました。
望んでこうなったわけじゃないんですが、
いろんな変化に抗わずにいたらこうなりました^^;
時の流れっていうのは残酷ですねえ。
もがいてもよかったんですが、行きつく先は同じだった気もします。

まあそれはいいとして。
ですから共有したい話題ですよ、今日は。

以前ここで
長野で農家やってる叔父(父の実家の長兄)とその奥さん。
 もういい歳で、旦那の方はもう腰が曲がってるのに
 ハーレーに跨がるとなぜかしゃんと背筋が伸びて元気になって
 年に何度も北へ南へとロングツーリングを楽しんでる。
 近所でも評判の夫婦です

みたいなことを書いたことがありました。
あれはそのことをメインに書いた記事じゃなくって
本題のついでにちょっと触れる程度に書いたものだったのに
本題を差し置いてこっちに関するコメントの方が多くて驚きました。
自分が歳をとってもそうありたい、とか
いくつまで乗れるかと不安になってたけど勇気をもらった、とか
バイク乗りってそれぞれ自分の幕引きを考えてるんだなー、と
考えさせられた記事でした。

でね、今日はその続きです。

実は叔父はあの記事の翌年に癌で倒れ、残念ながら他界しました。
病気が発覚するわずか1ヶ月前に買い替えたばかりの新車のハーレーは
大きすぎてしかもサイドカーがついているので叔母には扱いきれず
彼女は当然の成り行きとして泣く泣く売ることを決意しました。
ところが、形見のバイクを売るなんて!という周囲の反対にあって
農作業や家事が片付いた夜半過ぎ、ひとりで何度も練習を繰り返した末に
度胸を決めて彼女はその形見のバイクに乗ることにしたそうです。
私は乗ったことがないので具体的には分からないのですが
やはりサイドカー付きのハーレーは単車とはかなり勝手が違うんだそうで
思うように乗れるようになるには苦労したみたいです。
カーブでサイドカーが浮き縁石に激突して転倒!という手痛い事故もやらかしつつ
いまではすっかり従来のペースで乗りこなしているようです。
この夏もおなじみの北海道をキャンプしながら1ヶ月、
お友達と3人で走って来たんですって。
復路では大間のまぐろに舌鼓を打ったり、仙台の七夕や福島のお祭りも眺めつつ
のんびり南下してきたようです。
いまどき夏の北海道をキャンプしながら走る女性ライダーは
少ないかも知れないけど珍しくもないと思います。
でもね、その人が70歳過ぎの女性、と聞いたらこれはびっくりしませんか?
ここにお見せできる彼女の写真があればよかったのに、と
いまこれを書いてて思います。
私が言うのもなんだけど、ほんとに彼女はどこからどうみても
田舎の農家のおチビで小太りなおばちゃん、なんです。
普段は首に手ぬぐい巻いてゴム長はいて、野良仕事したりしてるんです。
白い軽トラの荷台に泥だらけの耕具を積んで田んぼを回ったり
田舎言葉丸出しで井戸端会議なんかしてる姿には
ハーレーどころかスクーターだって違和感あるくらいなのに。
ちょうどこの日も農作業用の軽トラックで実家の父を訪ねてきたところを
強引に引き止めて話を聞かせてもらったのでした。

さて、もともと叔母が乗っていた方のハーレーはというと。
いまでももちろん叔母がきちんと管理しています。
そして孫が再来年ハタチを迎えるのを待って
彼に譲る話がもうついているんですって!
一緒に走る日が楽しみだって目をキラキラさせながら言ってました。
実現したら叔父は喜ぶだろうなあって思いましたね。
何年かぶりにまた2台が並んで走ることになるんですもんね。
いやしかし、自分のおばあちゃんが現役のライダーで
しかもそのばあちゃんからハーレーをお下がりしてもらう孫って
世の中そうそういるもんじゃないですよね、きっと。
私が彼に直接会うことがもしあったとしたら
年齢を言い訳に自分に限界を作ることをしないパワフルなばあちゃんを
あんたもっと誇りに思って大事にしなさいよ、
などと説教してしまうかもしれません。

最近あまりいろんなことに感動しなくなってる私ですが
さすがにこの話にはびっくりしました。
なにかをやらない理由、やめる理由っていくらでも簡単に思いつくんですが
やるときは理由なんていらないのかも知れないな、なんて思いました。

ふうー、久々に長文を書きました。
おつきあいくださってありがとうです。
でもちょっと元気をもらえるような、いい話じゃありませんか。
そんなこと思うの、私だけでしょうかねえ。
身内のひいき目??

ま、そんなわけで私の叔母さんのお話でした。

ではまたー。
ごきげんよう。




※あまりにも久しぶりすぎてコメント欄のやりとりにいまいち自信がないのですが
 せっかくなので承認つきで開けておきます。
 気まぐれでレスがつくかもしれません、的なスタンスで。

※2012.9.14追記 
 せっかくいただいたコメントを承認するの忘れてました。承認しました。

[PR]
# by luvluv_bike | 2012-09-02 11:59 | ほか・・・